ライフハック

運転中に眠くなったら?眠気を覚ますおすすめの方法6つ!

運転中、どうしても眠くなってしまうことってありませんか?

ぼくは仕事で長時間運転したりするんですが、やっぱり眠くなってしまうことが何回もありました。

 

睡眠不足で眠くなるときもありますが、それまで眠くなかったのに運転し始めたら急に眠くなるってことが多いです。

 

上司を乗せていたり、仕事の時間があるので車を停めて休憩できないということが多く、どうすればいいのか考えていました。

 

自分で試してみて効果があった方法をランキング形式で紹介していきます!

 

眠くなってしまう原因

まずは運転中に眠くなってしまう原因についてみていきましょう。

原因がわかれば、対策もできますね!

 

ここでは十分に睡眠をとっていることを前提に、それでも眠くなってしまう原因について紹介していきます。

 

単調な刺激が続くから

単調な刺激が続くことが眠くなる原因の1つだと言われています。

刺激が少なくなることで脳の活動が低下してしまうのが原因です。

 

運転してるのに刺激がないのは

  • 長い直線道路
  • 空いている道路
  • 周りの景色がかわらない道路
  • 大渋滞している道路
  • 1人での運転

などが挙げられます。

このように刺激がないと、緊張感がなくなって眠くなってしまいます。

 

ましゅー
ましゅー
たしかにずっとまっすぐ運転してると眠くなるね

 

同乗者がいても寝ていたり安心感のある人だと、緊張感がなくなってしまいます。

 

低周波振動のせい

眠くなってしまうもう1つの原因に低周波振動があります。

これはロイヤルメルボルン工科大学の実験によってわかっています。

 

興味がある方はこちらを見てみてください!

Taylor & Francis Online

 

この研究によって車の振動によって、たった15分で眠気を感じることが明らかにされています。

15人の被験者は低周波振動のシュミレーションの際、15分後には眠気が現れ始め、60分後の実験終了までどんどん眠気が増加していくことがわかっています。

 

車の振動に脳が同調し、眠くなる原因をつくりだしていると考えられています。

 

この実験により、逆に眠りにくい周波数もわかりました。

 

ましゅー
ましゅー
眠くなりにくい振動の車が開発されることもあるかも!

 

自動車メーカーと研究者の今後の研究に期待したいですね!

 

眠気を覚ますおすすめの方法!

ここからはぼくが実際に試してみて、効果のあった方法を紹介します!

 

上からおすすめの順に並んでいます。

 

フェイシャルペーパー

まず一番効果があったのはフェイシャルペーパーです。

 

何種類か試してみましたが、GATSBYの『スーパーリフレッシュタイプ』がおすすめです!

 

とにかく刺激が強いので、ふつうに顔を拭くだけでも目が覚めます。

 

それでもまだ眠気が覚めない場合は、においを嗅ぐのがおすすめです!

メントールとアルコールが入っているので、かなりスーッとします。

 

ただし、刺激が強すぎて目や鼻が痛くなることもあるので、注意しましょう。

とくに肌の弱い方は、自分の体に合うかどうか確認してから使うようにしてください。

 

フリスク+マスク

次に紹介するのは眠気覚ましの定番、フリスクです。

 

ましゅー
ましゅー
車にはボトルが常備してあるよ!

 

でも慣れてきてしまったのか、ただフリスクを食べるだけだとあんまり効かないんですよね。

そこでおすすめなのがフリスク+マスクです!

 

フリスクを2,3粒食べてマスクをするだけの簡単な方法です。

マスクをすることで口の中だけではなく、鼻や目までスーッとするのでかなりおすすめ!

 

マスクがないときは、フリスクと一緒に冷たい飲み物を飲むのもおすすめです。

フリスクだけを食べるよりも効果があります。

 

ヤードムを使う

ヤードムって初めて聞いた方もいるかもしれませんね。

ヤードムはタイで売られている香り薬のことで、タイでは一般的に使われています。

 

メントールやユーカリオイルが入っていて、鼻から吸うことでスーッとした清涼感が広がります。

 

形はリップクリームのようになっていて、キャップを外して先端を鼻の中に入れ、においを嗅いで使います。

鼻に入れるのに対抗がある方は、鼻に近づけてにおいを嗅ぐだけでもOKです!

 

また、スティックの中には液体が入っているので、ハンカチにつけておくのもいいですね。

 

ましゅー
ましゅー
自分に合う使い方をみつけてみよう!

 

声を出す

同乗者がいればおしゃべりすることができますが、1人だと退屈してしまいます。

そんなときは声を出してみましょう!

 

ましゅー
ましゅー
大声で叫ぶのがおすすめ!

 

叫ぶのはちょっと、と思う方は歌を歌ってみましょう。

好きな音楽をかけ、それに合わせて歌うのもありです!

 

窓を開ける

窓を開けて風に当たるのも効果がありました。

風に当たると体に刺激があるので、眠気覚ましの効果が得られるんですね!

 

また、空気を入れ替えることでリフレッシュ効果も得られます。

 

窓が開けられない場合には、エアコンの風量を上げてみましょう。

ましゅー
ましゅー
窓を開けたときと同じような効果があったよ!

 

カフェインを摂る

眠気覚ましといえばカフェインですが、摂り方には注意があります。

実はカフェインって、脳に届くまでに30分かかるんです。

 

ましゅー
ましゅー
眠くなってから飲んでも遅いんだね

 

運転中に眠くなることが多い方は、運転する前にあらかじめ飲んでおくといいですね!

車に乗る30分前に飲んでおけば、乗り始めたときから効果が得られます。

 

ただし、普段からたくさんカフェインを摂取しているとあまり効果がありません。

 

眠くなったら休憩を

ここまで眠気を覚ますおすすめの方法を紹介してきましたが、一番いいのは休憩することです。

眠くなってしまったときは車を停めて少し休みましょう!

 

少しでも車から離れることで眠気を覚ますことができます。

ジュースを買いに行ったりトイレに行ったり、ほんの10分くらいの休憩を入れるだけで効果があります。

 

同乗者がいたり、時間がなくてどうしても停まれないときは、今回紹介した眠気を覚ます方法を試してみてください!